採用活動において面接がされるとき、基本的な流れは企業側からどんどん質問がされます。

就職活動における面接の重要性
就職活動における面接の重要性
NAVI
就職活動における面接の重要性

面接で逆質問があればアピールのチャンス

採用活動において面接がされるとき、基本的な流れは企業側からどんどん質問がされます。そしてそれに答えて行くことでどんどん進められていきます。だいたい前半でよくされる質問、中盤、終盤で行なわれるものなどがあるのでそれに合わせて答えるようにしていきます。答えるのにやっとでしょうが、疑問に感じている部分もあるでしょう。

終盤に差し掛かってくるとされるのが逆質問です。何か質問はありませんかとこちらから質問をする機会を与えてもらえます。このときにはどのように答えるかですが、一般的には特に何もなければ何もありませんとして面接を終らせるようにします。聞きたくてうずうずしていることがあるなら、ポイントをまとめて聞くようにします。

このときにはあまり聞いてはよくないことなどもあります。条件関係については聞きたいところですが、ここでは我慢した方がいいでしょう。良いこととしては、実際に仕事をするまでに勉強をしておいた方がいいことについて聞くことがあります。同じ業界であればそのまま仕事ができますが、異業種などになると別途勉強をしておいたほうがスムーズに仕事に入ることができます。この逆質問によって、アピールにつながることもあります。