転職をする理由としては給料アップがあるでしょう。

就職活動における面接の重要性
就職活動における面接の重要性
NAVI
就職活動における面接の重要性

面接において希望年収などを聞かれたら求人情報を参考

転職をする理由としては給料アップがあるでしょう。今の仕事や会社に特に不満がなくても、給料アップをしたいがために行う人もいます。実際にアップをしている人もいますが、なかなか難しい場合もあるようです。成功例としては転職時にアップしたケースがありますが、その後にもアップし続けなければあまり意味はないでしょう。

面接をしているとこちらから聞きたいこととしてはどれくらいの給料になるかがあります。一応求人情報では目安などが出されています。何万以上などとなっています。こちらから概算値については知ることができます。応募をするときにもその金額を見てそれなりに高いと感じて決めた他のでしょうから、その金額周辺を伝えるようにします。

このときに求人で提示されている金額を大きく異なる金額を伝えるとそれで採用は難しくなります。多少の差であれば、採用側によっては条件を変えて対応してくれる可能性があります。しかし大きく離れているとそれには対応できないと別の人を探そうとします。どの場合にもあまり欲を出し過ぎないようにしなければいけません。ほんの少し給料アップをすることができたらそれで目的を達成できたと考えるようにしなければいけないでしょう。