転職をするときには、その会社の求人情報を見て行ないます。

就職活動における面接の重要性
就職活動における面接の重要性
NAVI
就職活動における面接の重要性

面接でわかることを逆質問しない

転職をするときには、その会社の求人情報を見て行ないます。雑誌タイプのこともありますが、最近はインターネットを利用する事が多くなっています。求人情報は、どのような人材を求めていて、どのような会社か、住所はどこになるかなどなどがまとめられています。中には社員の写真などを掲載して社内の様子がわかるようにしていることがあります。

これらの情報でも幾つかわかることがありますがわからないこともあります。面接において逆質問をされることがあるのでそのときにわからないこととして聞けばよいでしょうか。何か質問がないかについて聞かれますが、必ずしも疑問に感じることをそのまま聞けば言い訳ではありません。まずは求人情報とホームページを確認するようにします。

そこに出ている情報は基本的には逆質問するのは良くありません。それは知っているのが前提で話されることだからです。また採用条件についてはあまり話さないほうが良いとされます。給料や福利厚生、休日の状況などです。休日についてはホームページにも求人情報にも記載されているでしょう。記載されている内容について確認をする場合は良いこともあります。条件にこのように記載されていましたが本当にその内容になるかなどです。

就職・転職・求人でも話題の求人に関わる話は、ネットならここがお勧め!!